女子大生「はるか」は日課の早朝ジョギングをしていた。そこに「カケメロの力」(その男の精液を浴びると、その男の性的要求に抵抗できなくなる)を持った男が襲いかかる。はるかは、叫び、逃走し、助けを呼ぶが、、、、カケメロの力を持った男への抵抗も虚しく、汗と愛液まみれのスパッツを脱がされ、男にバックから責め立てられる。早朝の河川敷の草むらで、橋の下で、、、はるかの喘ぎ声が響き渡る・・・


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

カテゴリ
タグ